×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Top

 

PR

沖縄から大阪の彫刻家の弟子入りを行ない、大阪で活動されていた方がいます。

沖縄に帰省をされ、沖縄の仏壇に対して日本本土の彫刻と取り入れたチャンプルとも呼べる仏壇をオーダーメイドでお仕事をされています。

沖縄仏壇 日本風彫刻

 

 

食文化

沖縄の食文化の代表と言えば、豚の文化になります。ソーキそばを初め、多くの料理で豚が扱われています。その中でも、沖縄産のアングーと呼ばれる豚は最高品として沖縄でも珍重されています。

沖縄の代表的な料理にゴーヤがあります。内地(日本本土)の方にとっては、苦味が強く、どうしてこの様な苦い物を食べれるのかと思ってしまう人もいますが、

ビールなども初め、苦味のある味は毒ではないかと体が反応しますが、食べていく内に体に良いと判断をする事によって、苦味に対して快感物質を放ち、苦味を抑える働きを作り出す事があります。納豆も初めては臭くても、次第に美味しく感じれるのは、体にとって良い物だと判断されるためです。

沖縄の人にとって、ゴーヤはかかせない料理とも言われ、特に豚肉と混ぜて食する料理は、無駄な油を抑え、体に大切なタンパク質の摂取をする事が出来ます。

沖縄の人にとって最も高級品とされているのがヤギになります。一度も食べた事の無い人にとっては野生の匂いが体を受け付けなくなる事もありますが、沖縄の人は、子供の頃から食する事によって、抵抗力が生まれ、その栄養素が高い事からものすごくおいしく感じて食べる事が出来ます。

沖縄での地酒で有名な物に泡盛があります。泡盛はタイ米から作られるため、日本酒の様な物だと思われる人もいますが、甘みが強いのが特徴です。泡盛は日本酒や焼酎などに比べると、二日酔いになりにくいとも言われています。

昔の女性は、お酒を飲む事はふしだらな女性が行う物として、あまりお酒を飲む人はいませんでしたが、近年の若い人女性の方は男性と同じ様に飲まれる方が多くいます。

アメリカの影響もあり、缶詰が多く販売されています。メジャーな缶詰の代表で言えば、シーチキンとポークになります。そのまま食するのでは無く、炒める時に利用されます。

日本本土では馴染みの薄い、へちまを食べる事でも有名です。沖縄では、南国であるためアイスクリームが全国的に売られていると思われる事もありますが、実は、全国で最も最下位です。気温が熱く、紫外線も強いため、できるだけ外出を避ける人達が多く、暑さはクーラなどでしのいでいる方が多くいるためかもしれません。又、外出は、たとえ、近所でも車で移動する事が多く、その影響もあると言えるでしょう。




「Copyright (C) 2015 okinawanohusyu All Rights Reserved.」