×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Top

 

PR

沖縄から大阪の彫刻家の弟子入りを行ない、大阪で活動されていた方がいます。

沖縄に帰省をされ、沖縄の仏壇に対して日本本土の彫刻と取り入れたチャンプルとも呼べる仏壇をオーダーメイドでお仕事をされています。

沖縄仏壇 日本風彫刻

 

 

沖縄の風習

沖縄の風習は、他の県にみられたない風習がありますが、日本の古代の縄文人が伝えてきた文化もあります。

沖縄の方のDNAは北九州の方と似ているとも言われ、一説では、大和朝廷が九州征伐を行なったさいに琉球へ逃れてこられた人達の子孫だとも言われています。

そのため、自然崇拝や先祖崇拝が強く残されていまして、その姿と言うのは仏壇などにも現れています。

正月よりもお盆を大事にする事も有名であり、日本本土へ働きに出かけている沖縄の方々の中には、正月には帰省をしなくても、お盆には帰省をする方々が多くいます。

首里城でも見られる事から、中国の文化も強く残っています。日本の文化も中国から輸入された物と考えれば、奈良時代の雰囲気が残されている物と言えます。

沖縄にはチャンプル(混ぜる)と言う言葉がある様に、様々な文化が交じり合った風習とも言えるかもしれません。現在においては、アメリカの文化も強く入っています。

沖縄の風習をチャンプルだと考えれば、これから先の沖縄の風習は、インドや、ロシア、様々な文化が融け合う様な文化が生まれて来るかもしれません。

沖縄に限った事ではありませんが、土地を残すために長男を大切にする支える文化が強くあります。土地よりも大切な位牌などは、長男が受け継いで行く必要性があります。長男の家には親戚が多く集まるため、長男に嫁げば嫁は忙しく、責任を持たされる事に不満を抱く人達もいます。

沖縄のテレビ番組で良く見られる姿に、沖縄独特の着物があります。沖縄の方の多くは、この衣装を持ち合わせていなく、踊りを習っている方が持ち合わせている物です。ハワイのフラダンスの様な物と言えるでしょうか。沖縄の風習は、家庭的な事が多く、沖縄に訪れてもその違いを感じられない事もありますので、積極的に沖縄の方と交流をして体感して行く事が望ましいと言えるでしょう。




「Copyright (C) 2015 okinawanohusyu All Rights Reserved.」