×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Top

 

PR

沖縄から大阪の彫刻家の弟子入りを行ない、大阪で活動されていた方がいます。

沖縄に帰省をされ、沖縄の仏壇に対して日本本土の彫刻と取り入れたチャンプルとも呼べる仏壇をオーダーメイドでお仕事をされています。

沖縄仏壇 日本風彫刻

 

 

台風

沖縄では台風の道筋として有名です。古代の琉球は、台風が頻繁に通るたびに大きな被害がありました。

第二次大戦後、コンクリートの技術が発展していく中で台風対策としてコンクリート作りの家々が増えてきています。

これが、他の県に見られない内容であるため、沖縄の独特な街の雰囲気を作り出していると言えます。

台風で被害を受けやすい農作物の多くは、サトウキビが植えられています。サトウキビは、一度倒れても、再び立ち上がる力を持ち合わせています。南国で暑い地域であるため、サトウキビが多く植えられているのでは無く、台風による影響が強くあります。

 

台風とききますと、被害ばかりではありません。台風には害虫を駆除してくれる働きもあるため、頻繁に訪れる台風は敬遠しますが、被害を与えないぐらいの台風は恩恵を与えてくれる事もあります。

地球温暖化の影響もあり、台風の進路が大きく変化をし始めています。今後は、九州や日本本土が従来の沖縄の姿に変わっていくかもしれません。沖縄の方々が培ってきた台風対策を取りれる日が訪れるかもしれませんね。

沖縄に訪れる場合は、常に台風に対して考えておく事が大切です。台風シーズンは、8〜10月と言われていますが、その前後の月にも訪れる事があるため、常に調べておく事が大切と言えるでしょう。




「Copyright (C) 2015 okinawanohusyu All Rights Reserved.」